妊活に大切なこと!

【妊活にはまず腸内環境を整える!】

最近では腸活といった腸もみ、マッサージを目にするようになりました。

それだけ、腸の環境が大切だと言う事が世間で浸透してきています。

【腸の役割とは

腸は様々な役割を担ってます。

消化、吸収、排泄、免疫といったことご存じでしたか?

食べたものを消化をし、栄養や水分を吸収、不要な老廃物と毒素を便として排泄、免疫細胞の60%以上が存在し、外敵菌類から守ってくれる働きをしています。

不妊の方、妊活の方は知ってほしい

排泄できなければ吸収できません

「あの食べ物がいい」「あのサプリがいい」と努力をしていても腸内環境が悪いとその努力も無駄になってしまいます。

腸の機能としては、吸収できてないことです。

その一つの症状が便秘です。

腸内環境とは

善玉菌20%  体に良い影響を与える菌

腸の機能の活性化

便秘や下痢の予防

悪玉菌10%  腸内の腐敗をすすめ、便秘や下痢を起こす。

炎症を起こしたり、発がん性物質を作り出します。

日和見菌70% 良い働きも悪い働きもしません、しかし、悪玉菌が増える

と有害な作用を及ぼします。

【腹筋の問題】

腹筋が弱いと便を押し出す力が弱く便秘になりやすい

【食物繊維不足】

食物繊維は大腸の働きを活発にさせる働きがあります。

【ストレス】

自律神経が影響を受けて内臓機能が低下につながります。

腸の蠕動運動をコントロールしているのが自律神経です。

 

腸を良くする対策は

食物繊維と発酵食品を意識して摂る

食物繊維は悪玉菌、有害物質を減らす働きがあります。

発酵食品に含まられる菌

乳酸菌 便秘、肌荒れといった悪玉菌の抑制

麹菌  アミノ酸、ビタミンBを含み血行促進、代謝を上げる作用

酢酸菌 腸内で善玉菌として働く

【適度な運動】

運動することで、筋肉を使い血流を良くします。

血流を良くすることで内臓や子宮の働きも良い影響を与えてくれるでしょう。

【十分な睡眠】

睡眠をしっかり摂ることで、自律神経が安定しやすくなります。

決まった時間に早寝、早起きといった生活のリズムを整えましょう!

 

妊活してる方、まずは腸内環境と排泄を」意識して始めると良いでしょう。

 

一人で悩まず、相談だけでもいつでもどうぞ💕

 

▼ご予約はこちら▼

 

整体で側弯症の悩みを解決!

不治の病と言われている『側弯症』

確かに先天性であれば限界があります。

しかし、殆どの方は日頃の生活の中での何らかの原因で

歪みが生じているだけです。

このお客様の場合

30歳代 Iさん

産後2か月で(産後整体8回コース)

産後整体は主に骨盤矯正だけと思われがちですが

Airでは全身をみさせてケアをしております。

このIさんの場合

お悩み

腰痛、肩こり、しびれ

若い10歳代の頃からウエストのくびれが左右対称ではなく

右側だけが異常にクビレていました。

しかも、右手も若いころから痺れがありました。

骨盤矯正だけでは解決できない事はあります。

全身状態をみることによって健康で不安にならない子育て

育児はママが元気でなければ成り立ちません!

骨盤矯正をして右手の痺れを解消し

なかなか取れない腰痛につながるウエストのクビレを解消

どんどん身体の不調を解決して

元気になられました\(^o^)/

骨盤矯正はもちろん

肩こりは1度でOK

しびれは2回ほどでOK

クビレは2回ほどでOK

今までの悩んでいた違和感を本格的に始まる前に取り除きましょう(^^)

 

▼ご予約はこちら▼

 

全身の不調は首から?

その原因の9割は首にあります。

 

首コリの原因は、大半は首の姿勢の悪さです。

 

首は自律神経が集中している部分のため、こった状態を放っておくと、体のさまざまなところに不調が現れます。

 

肩や腰の痛みがあったら首もこってると考えましょう。

 

首コリによって起きる不調の一つは、副交感神経の阻害によるメンタルの問題です。首の筋肉がこると副交感神経が圧迫されて自律神経失調症になり、頭痛やめまい、更にはうつ症状にも、、、、

 

もう一つは、首の骨が圧迫されて筋肉がこわばることにより血流の悪化やコリや疲れだけではなく、脳や臓器に新鮮な血液が行き渡りにくくなります。

 

さらに、首周りのリンパの流れの停滞により、老廃物が排出できなくなり、むくみや肌荒れの原因につながります。

 

首のトラブルはあらゆる不調の原因と理解して、首コリの予防、改善をしていきましょう。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

ポッコリお腹の原因は【腹直筋離開】かも…

🌷産後骨盤矯正をうけても、ポッコリお腹だけがもどらない!

🌷ダイエットしても体重は戻るけど、体型が戻らない!

🌷太ももが太くなったまま、下半身太りがいつまでも戻らない!

🌷以前に比べて姿勢がわるくなり、肩こり、腰痛がひどい!

🌷食べる量は変わらないのに年々、太る!

 

出産経験のある方で(30年以上経過していても) このようなお悩みがあるとしたら、それは『腹直筋離開』の可能性があります。

 

『腹直筋離開』とは?

画像見ていただきますと

妊娠してお腹が大きくなることで、左右にある①腹直筋が離れてしまう状態ことを言います。

出産を終えると、離れた左右の腹直筋は自然と戻るのですが、完全に戻りきらずに離れたままの状態になってる方が多くいます。

②お腹に溝が出来てしまう状態です。

このように腹直筋離開のままでいると、

お腹に力が入らず、ぷよぷよ柔らかいお腹になってしまいます。

また、胃腸などの内臓を抑え込んでいる筋肉なので、内臓を抑えられずにぽっこりと前に出てしまうのです。

『いつかこのお腹もどるわよ~』と思っていると、大変なことになっているかも…

特に、姿勢が悪くなった、腰痛、膝の痛みがある、お腹がポッコリ出ている場合は、ここを改善する必要があるかもしれません。

気になる方はAir~エール~にきてみて💕

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が歪んでいるとは?

 

症状を聞いてみると「骨盤が歪んでると思うんです!」というお客様が多いです。

では、骨盤が歪んでるとは?

なぜ、歪んでると思うのか?

多くは腰痛の症状が続いている、しかも、その痛みは重い感じ、怠い、痛いかも?みたいな痛みです。

では、何がからだで起きているのか?

骨盤の中では子宮を支えるために、子宮にいくつかの靭帯が繋がっています。

その一つに仙骨子宮靭帯がありま、仙骨の内側から子宮に繋がっています。

骨盤が歪むことで仙骨にもゆがみが生じます。

このとき、仙骨の動きはお尻の方に出っ張るように歪みます。そして、内側についている仙骨子宮靭帯は仙骨の動きにあわせて後ろに引っ張られます。

引っ張られたことで、子宮全体に圧力がかかり血行を悪くします。それにより十分な栄養、女性ホルモンが届かないので、着床するための環境が整いにくいです。

妊活中、妊娠中、産後、女性である皆さん

骨盤、仙骨の歪みを整えることは、子宮に対して好影響であり、整体をすることはとても良いことだと言えます。

 

▼ご予約はこちら▼

 

産後って?ケアをする意味は?

産後ってどうなるの?

妊娠中お腹の中にいた我が子、10ヶ月という長い期間を経て会えた喜び、自分の分身のようでまさに天使❤

愛おしくて幸せ♥

う∼ん実際は?

幸せだけど、それ以上に大変なことがいっぱい!

 

昼夜関係なく授乳、おむつ替え

寝かしつけに時間をとられ、やっと寝たかと思うとギャン泣きが始まり

寝不足が続く毎日

だんだん、愛する子供に旦那様にもイラつく

こんなに大変だという事

情報はいろいろある中͡この事は特に教えてもらえません。

何の心構えもないまま、自分の身体が回復してるのかもわからないまま、いきなり家事、育児が始まる

産後1ヶ月は

体が妊娠前に戻ろうとする時期で、ママの身体は心も大きく変化が起こっています。

特に骨盤は

大きく開いていて出産時のダメージがあります。

このダメージ、交通事故に匹敵するくらいなんです。

この状態で赤ちゃんを抱っこしたり、家事、育児しているなんて考えられませんよね。

心も体もボロボロです。

まとめると

ホルモンバランスが乱れる⇒自律神経の乱れ(イライラしたり、なぜか涙が出たり)

骨盤が大きく開き歪みがでる⇒腰痛、子宮脱、尿漏れなど(お腹に肉が付きやすくなる)

最近の核家族化で孤立しやすい😢⇒一人で抱え込み、産後うつや虐待につながる

この時期にケアする意味の必要性は数十年後、

更年期や高齢になった時にも影響があるからです。

この産後にケアをした方としてない方では、歳を重ねていく程大きく差が出てきますよ

どんな差?

例えば、ケアされた方はいきいきと若々しく元気に育児ができ女性としても自信がある状態になれるかな、、、とにかく、体の不調から解放された生活が出来るでしょう。高齢期になったときに元気でいられる可能性が高いです。

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後の不調

産後の不調対策は妊娠中から

 

産後とは限らず、年齢に伴って体力や気力の衰えがあるものです。

 

妊娠中は特に疲れやすく感じることが多いです。

 

妊娠中のケアが不十分ですと筋力が衰えてしまい、産後の不調が起こりやすくなります。

 

これは、高齢出産に限らずどの年代にも言えます。

 

産後はどの年齢層でもホルモンバランスの変化から心身の不調を感じます。

 

40代半ばになると産後のホルモンバランスの変化に加え、更年期の不調も併発されることもあります。

 

産前、妊娠中の過ごし方で、産後の大変さが軽減できることも多いと感じます。

 

食事、睡眠、運動など養生に加え、体力、筋力が衰えないようにしましょう。

 

個々に合うストレッチなどのアドバイスをしています。

 

整体で出来ること、ご自分で出来るセルフケアの範囲のこと

 

不調で悩んでいるママのため、女性のために常に寄り添って施術を行っております。

 

 

 

 

 

子宮脱の心配

子宮脱の心配がある。

医療機関で子宮脱のおそれがあると診断され体操ほかケアの仕方をアドバイスされたが効果を感じないし不安ばかりがつのってくるばかりで困っている方の相談が多いです。

産後の骨盤調整と骨盤底筋を鍛えましょう。

医療機関でもちろん指導はされたのでしょう

では、何が違うのか

骨盤矯正は確かに整体を受ければ解決です。

骨盤底筋を鍛えるとは?

「こうしてくださいね!」と形だけで真似してなんとなくしてみたが、わかってない方が殆どです。

感覚が重要です。

ちゃんと骨盤底筋が鍛えられているか?

鍛えていく過程がどんな感じなのか、これで正しいのか

わからないと自然には鍛えられてることは出来ません。

その感覚もしっかりお教えしてストレッチを個人個人の生活の中で続けられるものを指導してます。

アクションを起こしてから3か月くらいで結果は出ています。

悩んで消極的になっているかた、自身を取り戻して、いつまでも元気なママで女性でいましょう。

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

 

睡眠は疲労回復(^^♪

一日の疲れを取るのに睡眠は絶対です。

 

しかし、ほとんどの方が残念なことに

 

『スッキリと目覚めない』

『寝た気がしない』

『疲れが残っている』

 

毎日寝ているはずなのに、もったいない(´・ω・)

 

睡眠で疲れを回復させる方法は、良質な睡眠をとることです。

では?

 

寝相!

 

横向きで寝ましょう、

 

右側を下にして、そうするると胃と腸が通じやすくなり消化吸収がスムーズになり、自律神経の負担がおおはばにへって効率的に疲労回復ができます。

 

(あお向き寝はいびきをかきやすくなり、疲れがとれにくくなります。)

 

ぐっすり眠るためには、ねるまえにコップ一杯の水や白湯を飲む事も重要です。

 

コップ一杯の水をとることで血流が良くなり、寝ている間の脱水が防げます。

 

「トイレが近くなるから」と心配する方もいますが、それは違います!

 

夜中のトイレは眠りが浅いために起こるものです

 

まあ、このへんの話は個別に質問してくだされば詳しくお教えいたします。

 

 

意外とむくみも解消したり、すっきりとした顏になったり、若々しく見えたり

 

いろいろと効果は個人差はありますが、試してみては?

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

 

ダイエットは必要かも

腰痛があってマッサージ、整体などに通ってもなかなか良くならない人多いです。

 

時にはダイエットが必要かもしれません。

 

腰にかかる力は体重に比例してます。

 

減量は、痛みを軽くする手段の一つです。

 

太りぎみかな?

 

と思われる方は ダイエットをしてみてもいいかもしれません。

 

危険1

背が低く痩せている⇒生活習慣に問題があるかも。

 

危険2

痩せているが背は高い

背は低いが太っている

背が高いこと、体重が多すぎることは、腰痛の危険因子のひとつです。

太らない努力、痩せる努力が望ましいです。

 

危険3

背が高く太っている

運動で減量+筋力アップをしましょう。

 

 

▼ご予約はこちら