出産後のポッコリお腹に困ってます😭

産後のお悩み代表といえば”ぽっこりお腹”

「体重は戻ったものの、お腹だけがへこまない…」と悩む産後ママの多いこと多いです。

そう、出産しただけではお腹は勝手にへこまないのです

出産してもお腹が元に戻らないのはなぜ!?

 

『出産前はこんなにお腹出てなかったのに…』と悩むママ、とても多いですよね。

ぽっこりお腹は、腹筋の弱さと姿勢の崩れから起こります

腹筋(腹直筋)は赤ちゃんの成長にともない、お腹が大きくなることによって引き伸ばされてしまうので、どうしても弱ってしまいます。

人によっては『腹直筋離開』という、腹筋が部分的に裂けた状態、程度の差はありますが、

経産婦さんのほとんどがこの状態になっています。

腹筋の弱さが姿勢に大きく影響します

出産後も腹筋が弱っていると腰が反りがちになり、妊娠時のようなお腹をつき出したような姿勢になってます。

すると、ぽっこりお腹に見えてしまいます(>_<)

産後は骨盤のケアも重要ですが、それと同じくらい姿勢改善と腹筋のケアが必要です!

「妊娠中に引き伸ばされ、弱った腹筋はすぐには戻りません。『産後、半年経っても1年経ってもぽっこりお腹がへこまない…』と悩むママは多いですが、、、

きちんとケアすれば改善できます。

ぽっこりお腹を解消するには?

まずは

妊娠中に衰えた腹筋を鍛えること

姿勢の改善、特に反り腰を改善すること。

ただし、腹筋エクササイズは腹直筋離開も考慮しなくていけません、産後の体はデリケートなので、一般的な鍛え方ではありません💦

お腹のたるみを改善するには?

「妊娠によるお腹の膨らみは、風船のようなイメージ。一度パンパンに膨らんだ風船は、しぼむとハリがなくなります。

妊娠によってある程度皮膚が伸びてしまうのは仕方がありません😭

お腹のたるみは皮膚の肌サイクルが正常に働けばある程度元に戻っていきます(o^―^o)ニコ

この肌サイクルをコントロールしているのが、自律神経です。

自律神経は背骨の中を通っていて、実は、たるみと姿勢はまったく無関係にみえて関連性があるんです。

背骨の調整と姿勢の改善によってたるみは軽減できるんです。

姿勢を整えることで体の負担が減り、肌の代謝もよくなります

ただし、背骨を自分で正すのは難しいので、やはりそこはプロの力を借りるべき。

姿勢改善も自己流ではなかなか良くならないので、アドバイスを受けた方が早く改善できます。

背骨の良い状態をキープするには姿勢習慣が欠かせません

授乳姿勢や座り姿勢など、毎日の姿勢に気をつけ、腹筋を鍛えるなどのエクササイズを意識してやっていきましょう!

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

経腟分娩と帝王切開の産後の違いは?

ぽっこりお腹経膣分娩と帝王切開による差

経膣分娩は出産時に骨盤が最大限に開きます。

その刺激によって骨盤が元に戻りやすいのに対し、

帝王切開は、体が出産を終えたことに気づきにくく、骨盤の戻りも悪いため、妊娠を継続させるホルモンが出続けます。

そのため、脂肪を溜め込みやすく、痩せにくい状態が続きます。

見た目でいうと、経膣分娩と帝王切開の差は、下腹部よりもウエストラインに出ます

よく産後は骨盤が開いているといわれていますが、

それがどういう状態なのかというと、、、

正常な骨盤よりも骨盤の下側が広がり、全体的に四角っぽい形になっている状態😭

骨盤が開いているとウエストのくびれがなく寸胴で、お尻は四角く垂れ下がり、ガニ股になります。

出産したほとんどの女性に骨盤の歪みが生じていま

どういった出産であっても

すべての産後ママに骨盤のケアは必須です。

骨盤は体の土台。産後は忙しさから自分のケアを怠りがちですが、きちんとケアし、体をリセットしましょう!

お腹のたるみを改善するにはどうすれば…?

妊娠によるお腹の膨らみは、風船のようなイメージ。

一度パンパンに膨らんだ風船は、しぼむとハリがなくなります。

妊娠によってある程度皮膚が伸びてしまうのは仕方がありませんが、、、、

お腹のたるみは皮膚の肌サイクルが正常に働けばある程度元に戻っていきます

この肌サイクルをコントロールしているのが、自律神経です。

自律神経は背骨の中を通っています。

たるみと姿勢はまったく無関係にみえて関連性があるんです。

姿勢を整えることで体の負担が減り、肌の代謝もよくなります

背骨の調整と姿勢の改善によってたるみは軽減できるんです。

背骨を自分で正すのは難しいですし、姿勢改善も自己流ではなかなか良くならないです。

アドバイスを受けた方が早く改善できます。

背骨の良い状態をキープするには姿勢習慣が欠かせないので、授乳姿勢や座り姿勢など、毎日の姿勢に気をつけ、腹筋を鍛えるなどのエクササイズも意識してやっていきましょう!

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

骨盤,を股関節を柔らかく

骨盤を柔らかくしないと女性の元気は始まらない

では、どう鍛えるのか?

骨盤の中を通って股関節につながるインナーマッスル「腸腰筋」という筋肉を柔らかくします。

この腸腰筋が硬いと骨盤を固めてしまい、骨盤にロックがかかります。

そして股関節も硬くしてしまいます。

骨盤の両脇を硬い股関節で挟んでしまい更にロックがかかります。

ダブルロック!

多くの女性たちは骨盤を柔らかく開閉できないために、生理、婦人科、自律神経を悪くしているのです。

お尻と前足の足首がくっつかない人が大半です。それは、後ろ足の方の腸腰筋が硬いんです。

くっつかず離れているほど、股関節ごと骨盤が固まっています。

しなやかに開閉できてこそ理想の骨盤!

そこに2重のカギをかけるなんてNG!

子宮卵巣が苦しんでいます😭

腰痛、股関節痛、膝痛にもつながるので

ぜひ、やりましょう!

このポーズで20秒キープ

お風呂上りなどにやると効果的です\(^o^)/

やれば必ず柔らかくなります。

少しでもお尻と足首がくっつくようにしましょう!

女性は骨盤が柔らかくないと健康で幸せになれないので是非、取り組んで

幸せになりましょう

▼ご予約はこちら▼

 

 

とにかく、骨盤を柔らかくしないと

 

腹筋を鍛えると骨盤が柔らかくなると思っている方が多いですね。

その腹筋は、よくメディアで言われている腹筋とは違います(´・ω・)

それは

おヘソより下の位置にお腹をぐるっと囲っている『筒』をイメージしてもらうと

その一番深い腹筋で内臓と密着している腹横筋

これを

腹横筋の筒を内臓ごとギューとつぶすようにやります。

人はイメージひとつで使う筋肉を変えることができます。

息を吸って、吐きながらギューと筒を潰して 10秒キープ!×5セット

そうすると、、、

下腹部あたりがアツアツしてきます(^^♪

それから

骨盤を柔らかくする為のストレッチをします。

 

足を肩幅に開き

中心軸をイメージします。

頭と上半身を動かさないように【腰だけ】を回します。

コツは

下腹部の中心を意識して、重たいものを腰で回すような感じです

お腹にぐっ、と力が入ります。

右回し10回、左回し10回で1セット

 

まずは骨盤を柔らかくすることが本当に大事です。

出来る人は何回でも回しましょう\(^o^)/

 

生理痛がよくなる

出し切れてない経血や塊が出せるようになる

これがどうゆう意味か、、、

 

女性の健康

生理や子宮の状態を良くすることで

どんどん奇麗にになれ、幸せにもつながります。

心と体も健康な、真の美しい人、真の幸せの人になりましょう

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

まずは、仙骨を温めて

女性の冷えに対して重要なこと

温める場所

それは『仙骨』です。

骨盤の真ん中にある三角形の骨です。

最近は骨盤が大事なことは漠然と思っている人は多いですが、その中でも『仙骨』が、女性の生理や健康に深く関わりがありとても大事なんです。

まずは、仙骨を温めてケアをしましょう

仙骨を温めると良いこと

☆子宮と卵巣に熱を届ける

女性が健康で若々しく美しくあるためには、お腹の中が温かいことが大事です。

簡単に温める方法はカイロを貼ること

仙骨の高さの位置に子宮と卵巣があるので効果があります。

そして、生理痛の原因は子宮の冷えなので、仙骨を温めることで生理痛がラクになります。

温かい子宮卵巣=元気な子宮卵巣

☆骨盤を柔らかくする

骨盤を柔らかくしておくことで、健康な女性に

骨盤がカチカチに硬くなっていると、女性機能をおとし老化を早めています。

仙骨を温めることで仙腸関節も温まり骨盤もやわらぎます。

☆自律神経がよくなる

仙骨にはリラックスの副交感神経が通り抜けているので、仙骨を温めることで副交感神経を活性化できます。

自律神経の乱れを整え

内臓の働き、体温、血流その他、体のあらゆる機能は自律神経が司っています。

更年期障害も仙骨を温める事で助けになります。

☆全身が温まる

仙骨周辺には大きな血管が通っていて、仙骨を温めることでこれらの血流が良くなり、その多くは動脈に通じ全身が温まり、特に骨盤内が温まり腸や膀胱も元気になります。

☆ホルモンがよくなる

仙骨を温めることで卵巣が元気になり女性ホルモンも良く分泌され

特に妊活女子は仙骨を温めることは大事!

仙骨を温めることで

健康、若さ、美しさ、妊活、更年期にもよし!

カイロを貼って

不調から脱出しましょう

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

女性の身体を良くする

女性の美しさと強さを持つために必要なこと

【正しい腹筋】です。

女性の身体を良くするには4つの大事なものをそろえておく必要があります。

🐤お腹の中を温かくする

🐤内臓を引き上げる

🐤骨盤を柔らかくする

🐤自律神経をよくする

この4つをやることによって

子宮や卵巣、生理がよくなります。

🐤お腹の中を温かくする

子宮卵巣を含めた内臓を温かくすることで、生理痛から婦人科系の疾患に効果があります。(内臓の疾患は冷えからが多いです)

筋肉を鍛えることで発熱します。なので、腹筋を鍛えるといつもお腹の中が温かい状態になります。

🐤内臓を引き上げる

内臓が下垂していると身体は悪くなります。

こぶし大くらいしかない子宮の上に何メートルもある腸や内臓が重たく乗ってれば、小さな子宮卵巣は苦しく、血流が悪くなり冷えて硬くなります。

殆どの女性は腹筋が弱いため下垂しています。

なので、内臓を押さえつけない、下垂させない腹筋の力が必要です。

🐤骨盤を柔らかくする

骨盤はあるリズムによって開閉します。ですが、殆どの女性は骨盤がカチカチのため開閉がうまく出来てません、その結果、生理や子宮卵巣、自律神経を悪くしています。

骨盤のゆがみをなくし、骨盤を柔らかくして、その骨盤をキープする為の腹筋が必要です。

先ほどから言っている腹筋は

おへそより下の位置です。(下腹)

息を吸って、吐きながらぎゅーッと下腹をつぶす感じを10秒キープ

これを、5セット

きっと、下腹部あたりが温かくなってきます。

あとは、骨盤を柔らかくすることが大事

足を肩幅に開いて腰を左右に回していきます。

下腹を意識してゆっくりと左10回、右10回呼吸も意識して行います。

いつまでも、元気でいたい貴方に💕

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後は焦らないで😭

出産後、晴れて我が子とご対面、幸せの絶頂のはず、

しかし、産後のママの身体はボロボロなんです。

そして、その日から育児が始まるんです。

そう、頼れる人がいるなら思いっきり頼りましょう!

ケアをするのは産後の特別なケアがあるんです

正しいやり方をマスターすることが、妊娠前よりもきれいになれるチャンスなんです。

間違ったやり方をしてしまうと、調整された骨盤も維持できなくなり、ポッコリお腹もそのままになってしまいます😭。

正しいやり方をちゃんとしたところでケアしていきましょう。

しないでほしいのが一般的な腹筋です。

知らないでキレイになりたい一心で腹筋をしてしまうママが多いです。

逆効果なので、やめてくださいね(>_<)

個々に合ったストレッチをアドバイスさせて頂いてます。

お気軽にお問い合わせください(^^♪

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

 

産後骨盤矯正だけでは不十分

妊娠・出産を経て産後の体になる

 

産後の体って?どんなの?

*骨盤の開き、歪み

*骨盤底筋(インナーユニット)の機能低下

*重心の変化

*腹直筋離開

*肋骨の開き

 

体型の悩み、思い当りませんか?

*ポッコリお腹           *二の腕が太くなる

*お尻が垂れる、大きくなる     *太ももが太くなる

*妊娠前のズボンがはけない     *クビレがなくなる

*体重が戻らない          *背中が大きくなる

*がに股              *猫背

今までは、これらの改善に骨盤矯正!

しかし、骨盤矯正だけでは不十分なんです!

では、どんな事をしたらよいのか?

それは、

【筋力トレーニングを同時にしていくことがポイントです。

【筋力トレーニング】でも産後の体にあったトレーニングです。

産後の体の人が普通のトレーニングをしてしまうと、体型、体調は改善できません💦

焦らず個々にあったトレーニングをしていきましょう!

Airエールは個々に合ったストレッチで悩みに寄り添い改善していきます。

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

 

妊娠中に気を付ける事 (整体サロンAir~エール~)

妊娠中に気を付けたいこと

普通に体重増加はあたりまえのことです。

産婦人科から特に異常はありません、とされれば問題ないでしょう。

体重に関しての注意

🌼つわりなどで水分すらももどしてしまい、辛い状態

🌼一週間で一キロ以上増えていく

体重の変化がこんな感じでしたら、整えることを早急にしましょう。

どうして、早急なの?

①妊娠高血圧症候群になりやすい

➁お産に時間がかかる

どちらも、命に関わる重篤な事なんです。

 

食事に関しての注意

貧血症状になりやすい

🌼頭痛、めまい、息切れ

🌼胎児が大きくなれない

🌼産後の回復が遅い、母乳が出にくくなる。

では、どうしたらいいのか?

①大豆製品、野菜は動物性タンパク質と一緒にとる

➁食事の時にフルーツをとる。(ビタミンCをとる)

③鉄製の鍋、フライパンを使う

④鉄分の吸収を阻害するタンニンをさける(コーヒー、紅茶、緑茶)

⑤鉄分の多い食品をとる(ひじき、切り干し大根、黒砂糖など)

 

便秘にもなりやすくなります。

食事と運動を

食物繊維と水分をしっかり摂りましょう

 

たばこが赤ちゃんに与える影響

🌼子宮の働きを邪魔して胎児の成長を妨げます

🌼赤ちゃんが生まれてからも、何かしらの疾患が発症する事があります。

🌼発育が遅かったりします。

 

妊娠中は沢山の神経をつかいます。

一人の身体ではないからです。

10ヶ月もの間、大切にそだてていきましょう!

 

Airは常に寄り添った施術を心がけております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後の骨盤調整を受けるメリット

改めてお伝えします!

産後の骨盤調整を受けるメリット

➀ 腰痛、尾骨痛、股関節痛、膝痛、恥骨痛、坐骨痛などの産後のトラブルを産後整体に特化した整体を行います。

➁ 産後太りやボディラインの変化にアプローチ

③ 尿漏れや子宮脱などマイナートラブルの解消

これらを整える事により、女性本来が持っている治そうとする力やキレイになろうとする力が最大限に引き出されるのです。

 

骨盤の歪みを整え、骨盤を締めることで様々なトラブルや不調は改善する事が多いです。

更に当院では

整えた骨盤を安定させるトレーニングや育児生活指導などアフターフォローもしております。

妊娠中の方も対応しております。

妊娠中はホルモンの影響で骨盤などの関節が通常の3倍緩く、骨盤の歪みが出やすい非常にデリケートな状態です。

ママのお身体や赤ちゃんに全く負担のないソフトな施術を行います。

 

産前産後の痛み、どうにもならないと思わず是非、専門の整体を受けてみて下さいね(*^▽^*)

▼ご予約はこちら▼