痩せないのは 隠れ貧血かも、、、

多くの女性の悩み

【痩せたい!】

そう思っている人の多くは同時に

「疲れやすい」「気分が落ち込む」「肩こりがはげしい」

気が付かないうちに貧血になっているかもしれません

気付かずに放置していると

慢性疲労状態になりひどい場合はうつ病などと間違われることもあります。

血液の働きって?

全身に酸素を運ぶことです。

酸素を運ぶ役割を担うのが、赤血球に含まれるヘモグロビンです。

ヘモグロビンは鉄とタンパク質が結合したものです。

赤血球を作るのに鉄が不可欠なのです。

貧血は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減るため、体中が酸欠状態になることをいいます。

体は酸欠を補おうとして、心臓や肺がオーバーワークになり、ちょっとしたことで、動悸や息切れが起きてしまいます。

「月経がある女性のほとんどが隠れ貧血で、鉄不足の女性が多い」

チェック!

🌼立ちくらみ、めまいがよくある

🌼慢性的な肩こりや頭痛がある

🌼シミができやすい

🌼物を落としやすいなど力が弱くなった

🌼薬が飲みにくくなった

🌼特に疲れやすい

🌼生理前後、生理中に不調になる

🌼生理の出血量が多い

🌼理由もなくうつっぽい、すぐイライラする

こんな状態が1個2個 該当していたら隠れ貧血の可能性大です。

鉄の役割って?

赤血球をつくり体内に酸素を運ぶ

コラーゲンをつくったり、筋肉を収縮させたり、骨や皮膚、粘膜の代謝

シミの原因のメラニンを分解する酵素にも鉄がふくまれてます。

また、

中枢神経でもいろいろな働きをして、神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンをつくる働きをしています

セロトニン不足になるとうつ状態に、、、

メラトニン不足になると不眠につながります。

ではどうしたらいいのか?

鉄をとるのは当たり前ですが

少しでも吸収しやすくするために

ビタミンCやクエン酸を一緒にとると吸収率がアップします。

(日本人の食生活は 海藻類、コーヒー、紅茶、緑茶などのタンニン、大豆などのフィチン酸など鉄の吸収を妨げる阻害因子を口にすることが多いので気を付けたいですね)

不調のままだと人生もったいないです!

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後の骨盤調整を受けるメリット

改めてお伝えします!

産後の骨盤調整を受けるメリット

➀ 腰痛、尾骨痛、股関節痛、膝痛、恥骨痛、坐骨痛などの産後のトラブルを産後整体に特化した整体を行います。

➁ 産後太りやボディラインの変化にアプローチ

③ 尿漏れや子宮脱などマイナートラブルの解消

これらを整える事により、女性本来が持っている治そうとする力やキレイになろうとする力が最大限に引き出されるのです。

 

骨盤の歪みを整え、骨盤を締めることで様々なトラブルや不調は改善する事が多いです。

更に当院では

整えた骨盤を安定させるトレーニングや育児生活指導などアフターフォローもしております。

妊娠中の方も対応しております。

妊娠中はホルモンの影響で骨盤などの関節が通常の3倍緩く、骨盤の歪みが出やすい非常にデリケートな状態です。

ママのお身体や赤ちゃんに全く負担のないソフトな施術を行います。

 

産前産後の痛み、どうにもならないと思わず是非、専門の整体を受けてみて下さいね(*^▽^*)

 

全身の不調は首から?

その原因の9割は首にあります。

 

首コリの原因は、大半は首の姿勢の悪さです。

 

首は自律神経が集中している部分のため、こった状態を放っておくと、体のさまざまなところに不調が現れます。

 

肩や腰の痛みがあったら首もこってると考えましょう。

 

首コリによって起きる不調の一つは、副交感神経の阻害によるメンタルの問題です。首の筋肉がこると副交感神経が圧迫されて自律神経失調症になり、頭痛やめまい、更にはうつ症状にも、、、、

 

もう一つは、首の骨が圧迫されて筋肉がこわばることにより血流の悪化やコリや疲れだけではなく、脳や臓器に新鮮な血液が行き渡りにくくなります。

 

さらに、首周りのリンパの流れの停滞により、老廃物が排出できなくなり、むくみや肌荒れの原因につながります。

 

首のトラブルはあらゆる不調の原因と理解して、首コリの予防、改善をしていきましょう。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

出産後の骨盤は身体を整えるチャンス

出産に向けて、ママの身体は赤ちゃんを守るために、骨盤の位置を自然に変えていきます。

妊娠すると女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになり、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう妊娠から出産まで、時間をかけてゆっくり骨盤はひらきます。

 

骨盤が広がると内臓が落ち、子宮は圧迫されがちに!

骨盤が広がっていると、内臓が下がり【内臓下垂】となります。

下垂した内臓は骨盤内の子宮や卵巣などを圧迫し、ホルモンバランスに影響が出る可能性があります。

内臓が正常な位置で機能することで、栄養素の吸収や代謝が良くなります。

なので、冷え、むくみ、便秘などが改善されていきます。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

骨盤が歪んでいるとは?

 

症状を聞いてみると「骨盤が歪んでると思うんです!」というお客様が多いです。

では、骨盤が歪んでるとは?

なぜ、歪んでると思うのか?

多くは腰痛の症状が続いている、しかも、その痛みは重い感じ、怠い、痛いかも?みたいな痛みです。

では、何がからだで起きているのか?

骨盤の中では子宮を支えるために、子宮にいくつかの靭帯が繋がっています。

その一つに仙骨子宮靭帯がありま、仙骨の内側から子宮に繋がっています。

骨盤が歪むことで仙骨にもゆがみが生じます。

このとき、仙骨の動きはお尻の方に出っ張るように歪みます。そして、内側についている仙骨子宮靭帯は仙骨の動きにあわせて後ろに引っ張られます。

引っ張られたことで、子宮全体に圧力がかかり血行を悪くします。それにより十分な栄養、女性ホルモンが届かないので、着床するための環境が整いにくいです。

妊活中、妊娠中、産後、女性である皆さん

骨盤、仙骨の歪みを整えることは、子宮に対して好影響であり、整体をすることはとても良いことだと言えます。

 

▼ご予約はこちら▼

 

産後って?ケアをする意味は?

産後ってどうなるの?

妊娠中お腹の中にいた我が子、10ヶ月という長い期間を経て会えた喜び、自分の分身のようでまさに天使❤

愛おしくて幸せ♥

う∼ん実際は?

幸せだけど、それ以上に大変なことがいっぱい!

 

昼夜関係なく授乳、おむつ替え

寝かしつけに時間をとられ、やっと寝たかと思うとギャン泣きが始まり

寝不足が続く毎日

だんだん、愛する子供に旦那様にもイラつく

こんなに大変だという事

情報はいろいろある中͡この事は特に教えてもらえません。

何の心構えもないまま、自分の身体が回復してるのかもわからないまま、いきなり家事、育児が始まる

産後1ヶ月は

体が妊娠前に戻ろうとする時期で、ママの身体は心も大きく変化が起こっています。

特に骨盤は

大きく開いていて出産時のダメージがあります。

このダメージ、交通事故に匹敵するくらいなんです。

この状態で赤ちゃんを抱っこしたり、家事、育児しているなんて考えられませんよね。

心も体もボロボロです。

まとめると

ホルモンバランスが乱れる⇒自律神経の乱れ(イライラしたり、なぜか涙が出たり)

骨盤が大きく開き歪みがでる⇒腰痛、子宮脱、尿漏れなど(お腹に肉が付きやすくなる)

最近の核家族化で孤立しやすい😢⇒一人で抱え込み、産後うつや虐待につながる

この時期にケアする意味の必要性は数十年後、

更年期や高齢になった時にも影響があるからです。

この産後にケアをした方としてない方では、歳を重ねていく程大きく差が出てきますよ

どんな差?

例えば、ケアされた方はいきいきと若々しく元気に育児ができ女性としても自信がある状態になれるかな、、、とにかく、体の不調から解放された生活が出来るでしょう。高齢期になったときに元気でいられる可能性が高いです。

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後の腰痛

 

妊娠中から産後にかけて発症する腰痛

おもに産後のママに多いです。

 

普通に腰痛

腰に負担がかかり起こるもの

 

骨粗しょう症によるもの

後者の骨粗しょう症の場合の対応一つで一生涯辛いものになってしまいます。

腰の骨が出でいてあお向きで寝れない、硬いいすに座れない等々

 

これから育児、仕事、始まるのに大変です。

 

でも、この産後の骨粗しょう症による痛み高齢者の骨粗しょう症と違いケアをしっかりすれば改善できることもあります。

 

 

でもここでもし、あなたが高齢者になったときに産後に骨粗しょう症になっていたとしたら必ず骨粗しょう症になります。

 

 

産後に骨粗しょう症になってしまったら、将来のサインだと思い今からケアしていきましょう。

 

 

腰の痛み、歪みは整体などでケアできます。

骨粗しょう症にに関しては食事と生活習慣で改善しましょう。

 

食事は必ず咀嚼でサプリもいいですが、道のりは長いです。生活習慣でケアするようにしましょう。

 

 

体の不調は軽くみないで下さいね(‘;’)

 

 

▼ご予約はこちら▼