ダイエット

 

前回は、

ダイエットに必要な3つこと

そして、その中で最も大切なのは食事管理であるということ

さらに、ダイエットになぜトレーニングが必要なのかということを

お話ししました!

 

今日は、いよいよ食事管理についてお話しします!!

 

食事管理と聞くと、どのようなイメージがありますか?

 

『甘いものは食べちゃいけない』

『脂っこいものを食べちゃいけない』

『白ごはんは食べない方がいい』

 

こんなイメージじゃないですか?

これらは全て、食事管理というよりも食事制限ですね。

 

食事管理の観点からいうと、

 

『甘い物を食べるときは、てんさい糖や黒糖を使用しているもの』

『揚げ物や炒め物は、サラダ油じゃなくて米油やオリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油で』

『白ごはんよりも玄米や雑穀米、もち麦を。白米に混ぜてもOK

という感じです。

 

痩せてキレイになりたい!キレイになって、もっと人生楽しみたい!

と思って痩せたくないですか?

人生楽しみたいと思っているのに、その為に何か制限しないといけないって、なんか、腑に落ちないんですよね

 

だから、食事制限をするようなダイエットは続きませんし、制限をやめればリバウンドします。

ということは、人生楽しみたいって思っているのに制限し続けなければならないんです!!

 

 

だから、ダイエットで大事なのは食事制限ではなく食事管理です。

 

食事制限と食事管理の大きな違いは、量ではなく質であるということです。

もちろん、普段からあまりにもたくさん食べているという場合は量の管理も必要です。

しかしここで不思議なのは、大食いの人でも質を見直すだけで必然的に食事量が減っていくということなんです。

 

ダイエットにおいて、食事の量よりも質を重視する最も大きな理由は、腸内環境を整えることです。

 

腸内環境が整っていないと、食べたものをうまく消化できず栄養素を効率よく取り込むことができません。

その結果、老廃物が体内に溜まり、血流が悪くなり、筋肉をはじめとした新しい細胞も作られなくなり、脂肪を燃やしてエネルギーを作ることもままならないために太りやすい体になっていきます。

まずは、食事の量を減らすのではなく、腸内環境を整える食事に変えていくことが大切なのです。

しかし、腸内環境を整えるために一時的にファスティング(断食)、いわゆる食事制限をして腸内環境をリセットする方法が功を奏する場合もあります。

ただ、ファスティングは体質によって重大な副作用が起こることもありますので、専門家の指導のもとで行う必要があります。

 

もっと手軽にできるファスティングとして、14時間断食という方法もあります。

これは、1日の食事を10時間以内に終わらせて、残りの14時間は水分のみにするという方法です。

睡眠時間を換算できるので、朝食や夕食を抜くのがやりやすいですが、お勧めは夕食を抜く方法です。

腸は、夜寝ている間に1日の消化活動で残ってしまった食べかすなどをキレイに取り除く清掃を行います。

夕食を抜いておけば、寝ている間に清掃する分が少なくて済むので、よりキレイに掃除ができ、なおかつ腸自身が休む時間も確保できるので、腸内環境を整えるという意味では最適です。

 

 

なので、

  • 現在の体組成(体重、体脂肪量など)
  • 現在の体調(便通、睡眠の質、疲労感の有無、血流の状態、痛みの有無など)
  • 現在の食事(食事量、食事内容、食材の質、食事の時間帯、回数など)
  • 現在の運動習慣(運動量、運動内容、運動時間帯、運動頻度など)

これらを把握することによって、今の身体と日常生活に、食事が合っているのかを判断しないといけません。

 

つまり、何となく食べてるという状態からまず脱却することです。

 

そして分析!!

書き出した内容をもとに、自分の食事内容が今の自分の生活スタイルに見合っているのかを分析します。

分析していると、なぜ自分が今の体になったのかが理解できるようになってきます。

 

ここまでくれば、あとは対策!!

まずは腸内環境を整える食事に切り替えます。

これだけでも体重が落ちる人もいますが、便通が良くなるなど腸内環境が整ってきたら、少しずつカロリー量を意識していきましょう!

 

 

産後のダイエット

今日は、産後ダイエットを始める前に知っておくべきことについてお話しします。

これを知っているのと知らないのとでは、結果が大きく変わってきます!

 

是非最後まで読んでいただきたいです今日は、産後ダイエットを始める前に知っておくべきことについてお話しします。

これを知っているのと知らないのとでは、結果が大きく変わってきます!

 

是非最後まで読んでいただきたいです

 

ダイエットをするのに必要なこと

  • 食事管理
  • 運動やトレーニング
  • 睡眠時間の確保と質の向上

大きく挙げるとこの3つです。

 

その中でも、最も大切なこと

 

それは、『食事管理』です。

 

ダイエットは、食事が9割!!なんて言われますが、本当にその通りです。

 

『食事制限ができないタイプなんで、運動で痩せたい』

『子供の残り物を食べないといけないのでなかなか食事を減らせなくて』

 

とおっしゃる方に出逢いますが、正直、運動だけでは痩せません。

というか、運動では痩せません。

 

運動、いわゆるトレーニングの根本は、身体を作ることです。

筋肉や内臓に負荷をかけて筋線維を壊し、壊された筋線維が修復するときにより強く太くなることで身体を作ります。

強く太く!です。

 

 

トレーニングの本質は、身体を強く大きくすること。

 

なので、痩せたい人の第一選択は、実は運動ではなく食事管理なんです。

 

『じゃあなんで、産後ダイエットに運動しなさいって言うの?』

 

そう思いますよね?

 

運動はなぜ必要なのか。。。

それは、

 

適切な食事量で効率よくエネルギーを作り出せる身体を作る為です!

 

糖や脂肪をエネルギーに変える【代謝】という機能。

私たちの身体の中で、主にエネルギーを消費するのは

肝臓、脳、筋肉です。

なので、この3つの代謝機能が高ければ高いほど、エネルギーを生成する為に糖や脂質を消費してくれます。

 

肝臓や脳は、自分の力で増やすことはできませんが、筋肉はトレーニングをすることで増やすことができます!!

 

 

また、筋肉が少ない状態で食事制限だけをした場合はどうでしょうか?

 

痩せません。。。

 

それだけでなく、エネルギーを作り出すことができない為、疲れやすく集中力がなくなり、毎日の生活が辛くなります。。。。

 

こうなっては大変です!!

何の為のダイエットなんでしょうか!?

 

だから、ダイエットの第一選択は食事管理ではありますが、

運動も必ず必要です!

 

毎日少しずつでも、運動しましょう!

 

食事管理についてお話ししていきます!

 

食事管理の秘訣についてはまた次回に

 

 

お楽しみになさってください

 

経腟分娩と帝王切開の産後の違いは?

ぽっこりお腹経膣分娩と帝王切開による差

経膣分娩は出産時に骨盤が最大限に開きます。

その刺激によって骨盤が元に戻りやすいのに対し、

帝王切開は、体が出産を終えたことに気づきにくく、骨盤の戻りも悪いため、妊娠を継続させるホルモンが出続けます。

そのため、脂肪を溜め込みやすく、痩せにくい状態が続きます。

見た目でいうと、経膣分娩と帝王切開の差は、下腹部よりもウエストラインに出ます

よく産後は骨盤が開いているといわれていますが、

それがどういう状態なのかというと、、、

正常な骨盤よりも骨盤の下側が広がり、全体的に四角っぽい形になっている状態😭

骨盤が開いているとウエストのくびれがなく寸胴で、お尻は四角く垂れ下がり、ガニ股になります。

出産したほとんどの女性に骨盤の歪みが生じていま

どういった出産であっても

すべての産後ママに骨盤のケアは必須です。

骨盤は体の土台。産後は忙しさから自分のケアを怠りがちですが、きちんとケアし、体をリセットしましょう!

お腹のたるみを改善するにはどうすれば…?

妊娠によるお腹の膨らみは、風船のようなイメージ。

一度パンパンに膨らんだ風船は、しぼむとハリがなくなります。

妊娠によってある程度皮膚が伸びてしまうのは仕方がありませんが、、、、

お腹のたるみは皮膚の肌サイクルが正常に働けばある程度元に戻っていきます

この肌サイクルをコントロールしているのが、自律神経です。

自律神経は背骨の中を通っています。

たるみと姿勢はまったく無関係にみえて関連性があるんです。

姿勢を整えることで体の負担が減り、肌の代謝もよくなります

背骨の調整と姿勢の改善によってたるみは軽減できるんです。

背骨を自分で正すのは難しいですし、姿勢改善も自己流ではなかなか良くならないです。

アドバイスを受けた方が早く改善できます。

背骨の良い状態をキープするには姿勢習慣が欠かせないので、授乳姿勢や座り姿勢など、毎日の姿勢に気をつけ、腹筋を鍛えるなどのエクササイズも意識してやっていきましょう!

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

インパルス療法って?

インパルス療法とは

特殊な周波数(国債特許エムキューブ波)の流れるグローブで、

インナーマッスルや脳を刺激し、即効で痛みを改善するだけでなく、

自律神経を整え、自然治癒力を取り戻す根本的な施術方法です。

改善例です。

肩こり、腰痛、四十肩、五十肩、膝痛、ギックリ腰、頭痛、顎関節症、脳梗塞後遺症、慢性疲労、不眠症、不妊症、メニエール、脊柱管狭窄症、眼精疲労、内臓疾患、しびれ、寝違え、更年期障害、難聴、ヘルニア、冷え性、便秘、坐骨神経痛、生理痛、生理不順、視力低下、等々

幅広く効果があります。

インパルス療法で

インナーマッスルを物理的に緩めることで

血行がよくなって、肩、首、腰、膝、などが劇的に楽になる。

インナーマッスルが目覚めることで、自律神経の副交感神経が目覚め、

子供の時のような自然治癒力を取り戻す

(よく眠れる、胃腸の調子が良くなる)

 

子供の時に持っていた自然治癒力、免疫力、回復力を取り戻して、元気で良い状態を自分で自分の健康をコントロールできるきっかけにインパルス療法があります。

インナーマッスルが身体を中から支えてくれるので、仕事や家事が劇的に楽になる。

結果、体の隅々まで酸素や栄養が行き渡るので、お肌はすべすべ、体温が上がった分、免疫力は上がり、代謝が高くなった分、痩せ体質に、、、

インパルスを当てることでご自身が持っていた

🌼子供の時に全員が出来ていたことなので、思い出します。思い出すまでお付き合いいたしますよ(笑)

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

腰痛、肩こり

腰痛、肩こり、痛すぎて、体を動かせない時どうしてますか?

よく、「腰痛や肩こりには体操やトレーニングが有効ですよ」と病院などで言われることがあります。

「今、痛いのに出来るわけないじゃん!」と思ってしまうのは当然です。

いくら効果があるとわかっていても、その痛みを抱えてはかえって悪化してしまうこともあります。

とは言っても体を動かさず、何もしないまま、じっとしていると、筋肉量が減り更に痛みを招くようになってしまいます。

「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。

なので、自分なりのケアが出来るように様々なセルフケアの方法を知っておくことが大切です。

その一つが、ツボ押しです。

ツボは全身のいろいろな部位に存在しており、

症状に応じて反応が現れるツボはある程度決まっています。

まず、押してみて

「イタ気持ちいい!」ところを押してください

押すだけで効果はあります。

硬くなった筋肉に刺激をあたえ、血流がスムーズに流れることで、緊張もとけることから、痛みの原因となっている発痛物質や疲労物質を運び去ってくれます。

そして、心地よくなることから、副交感神経が優位になり、リラックス効果により痛みが軽減されます。

しかも、場所や時間を選ばないので、仕事の休憩時間や電車の中、家事の合間など、思い立ったら出来るのがいいですね。

ツボは、体調が悪いときは痛く、体調が良いときは痛くないなど

ツボ押しは、体の状態を知る「鏡」?みたいなものだと思って下さい

毎日の生活にマッサージやツボ押しを取り入れて、上手にケアをしていきましょう1

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

痩せないのは 隠れ貧血かも、、、

多くの女性の悩み

【痩せたい!】

そう思っている人の多くは同時に

「疲れやすい」「気分が落ち込む」「肩こりがはげしい」

気が付かないうちに貧血になっているかもしれません

気付かずに放置していると

慢性疲労状態になりひどい場合はうつ病などと間違われることもあります。

血液の働きって?

全身に酸素を運ぶことです。

酸素を運ぶ役割を担うのが、赤血球に含まれるヘモグロビンです。

ヘモグロビンは鉄とタンパク質が結合したものです。

赤血球を作るのに鉄が不可欠なのです。

貧血は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減るため、体中が酸欠状態になることをいいます。

体は酸欠を補おうとして、心臓や肺がオーバーワークになり、ちょっとしたことで、動悸や息切れが起きてしまいます。

「月経がある女性のほとんどが隠れ貧血で、鉄不足の女性が多い」

チェック!

🌼立ちくらみ、めまいがよくある

🌼慢性的な肩こりや頭痛がある

🌼シミができやすい

🌼物を落としやすいなど力が弱くなった

🌼薬が飲みにくくなった

🌼特に疲れやすい

🌼生理前後、生理中に不調になる

🌼生理の出血量が多い

🌼理由もなくうつっぽい、すぐイライラする

こんな状態が1個2個 該当していたら隠れ貧血の可能性大です。

鉄の役割って?

赤血球をつくり体内に酸素を運ぶ

コラーゲンをつくったり、筋肉を収縮させたり、骨や皮膚、粘膜の代謝

シミの原因のメラニンを分解する酵素にも鉄がふくまれてます。

また、

中枢神経でもいろいろな働きをして、神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンをつくる働きをしています

セロトニン不足になるとうつ状態に、、、

メラトニン不足になると不眠につながります。

ではどうしたらいいのか?

鉄をとるのは当たり前ですが

少しでも吸収しやすくするために

ビタミンCやクエン酸を一緒にとると吸収率がアップします。

(日本人の食生活は 海藻類、コーヒー、紅茶、緑茶などのタンニン、大豆などのフィチン酸など鉄の吸収を妨げる阻害因子を口にすることが多いので気を付けたいですね)

不調のままだと人生もったいないです!

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

 

産後の骨盤調整を受けるメリット

改めてお伝えします!

産後の骨盤調整を受けるメリット

➀ 腰痛、尾骨痛、股関節痛、膝痛、恥骨痛、坐骨痛などの産後のトラブルを産後整体に特化した整体を行います。

➁ 産後太りやボディラインの変化にアプローチ

③ 尿漏れや子宮脱などマイナートラブルの解消

これらを整える事により、女性本来が持っている治そうとする力やキレイになろうとする力が最大限に引き出されるのです。

 

骨盤の歪みを整え、骨盤を締めることで様々なトラブルや不調は改善する事が多いです。

更に当院では

整えた骨盤を安定させるトレーニングや育児生活指導などアフターフォローもしております。

妊娠中の方も対応しております。

妊娠中はホルモンの影響で骨盤などの関節が通常の3倍緩く、骨盤の歪みが出やすい非常にデリケートな状態です。

ママのお身体や赤ちゃんに全く負担のないソフトな施術を行います。

 

産前産後の痛み、どうにもならないと思わず是非、専門の整体を受けてみて下さいね(*^▽^*)

▼ご予約はこちら▼

 

 

全身の不調は首から?

その原因の9割は首にあります。

 

首コリの原因は、大半は首の姿勢の悪さです。

 

首は自律神経が集中している部分のため、こった状態を放っておくと、体のさまざまなところに不調が現れます。

 

肩や腰の痛みがあったら首もこってると考えましょう。

 

首コリによって起きる不調の一つは、副交感神経の阻害によるメンタルの問題です。首の筋肉がこると副交感神経が圧迫されて自律神経失調症になり、頭痛やめまい、更にはうつ症状にも、、、、

 

もう一つは、首の骨が圧迫されて筋肉がこわばることにより血流の悪化やコリや疲れだけではなく、脳や臓器に新鮮な血液が行き渡りにくくなります。

 

さらに、首周りのリンパの流れの停滞により、老廃物が排出できなくなり、むくみや肌荒れの原因につながります。

 

首のトラブルはあらゆる不調の原因と理解して、首コリの予防、改善をしていきましょう。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

出産後の骨盤は身体を整えるチャンス

出産に向けて、ママの身体は赤ちゃんを守るために、骨盤の位置を自然に変えていきます。

妊娠すると女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになり、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう妊娠から出産まで、時間をかけてゆっくり骨盤はひらきます。

 

骨盤が広がると内臓が落ち、子宮は圧迫されがちに!

骨盤が広がっていると、内臓が下がり【内臓下垂】となります。

下垂した内臓は骨盤内の子宮や卵巣などを圧迫し、ホルモンバランスに影響が出る可能性があります。

内臓が正常な位置で機能することで、栄養素の吸収や代謝が良くなります。

なので、冷え、むくみ、便秘などが改善されていきます。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

骨盤が歪んでいるとは?

 

症状を聞いてみると「骨盤が歪んでると思うんです!」というお客様が多いです。

では、骨盤が歪んでるとは?

なぜ、歪んでると思うのか?

多くは腰痛の症状が続いている、しかも、その痛みは重い感じ、怠い、痛いかも?みたいな痛みです。

では、何がからだで起きているのか?

骨盤の中では子宮を支えるために、子宮にいくつかの靭帯が繋がっています。

その一つに仙骨子宮靭帯がありま、仙骨の内側から子宮に繋がっています。

骨盤が歪むことで仙骨にもゆがみが生じます。

このとき、仙骨の動きはお尻の方に出っ張るように歪みます。そして、内側についている仙骨子宮靭帯は仙骨の動きにあわせて後ろに引っ張られます。

引っ張られたことで、子宮全体に圧力がかかり血行を悪くします。それにより十分な栄養、女性ホルモンが届かないので、着床するための環境が整いにくいです。

妊活中、妊娠中、産後、女性である皆さん

骨盤、仙骨の歪みを整えることは、子宮に対して好影響であり、整体をすることはとても良いことだと言えます。

 

▼ご予約はこちら▼