出産後の骨盤は身体を整えるチャンス

出産に向けて、ママの身体は赤ちゃんを守るために、骨盤の位置を自然に変えていきます。

妊娠すると女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになり、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう妊娠から出産まで、時間をかけてゆっくり骨盤はひらきます。

 

骨盤が広がると内臓が落ち、子宮は圧迫されがちに!

骨盤が広がっていると、内臓が下がり【内臓下垂】となります。

下垂した内臓は骨盤内の子宮や卵巣などを圧迫し、ホルモンバランスに影響が出る可能性があります。

内臓が正常な位置で機能することで、栄養素の吸収や代謝が良くなります。

なので、冷え、むくみ、便秘などが改善されていきます。

 

 

 

▼ご予約はこちら▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です